So-net無料ブログ作成

「功名が辻」・山内家の菩提寺、京都・妙心寺大通院 [京都(全般)のこと]

前記事「私の好きな空間と風景」で、あるお寺に行ってきたと書いたが、それは
京都市右京区の妙心寺である。

←妙心寺北門

ここは、私にとっては思い出深きところ。今回、久しぶりに行ってみたのは、「京の冬の旅」の非公開文化財特別公開寺院に、今年のNHK大河ドラマ「功名が辻」に出てくる山内家の菩提寺である
「妙心寺大通院」が入っていたから。



境内をしばらく歩くと、ありました妙心寺大通院。

非公開時は、上の写真左側の小屋はない。この小屋で拝観料を支払って入る。


まずは、大通院の本堂でボランティアガイドさんの説明があった。
大通院は、天正14年(1586)、一柳直末が南家玄興を開山として創建。山内一豊の子湘南宗化が二世に入寺して以降、山内家の菩提寺となった。ちなみに湘南宗化は捨子で、千代が拾ったとのこと。本堂には湘南宗化のお像があったが、なかなか凛々しい顔をされていた。
また、戦前の教科書に千代は登場していたとのこと。やはり「内助の功」で有名だからか。
「千代紙」も、千代からの着ている話など、トリビアな内容ばかりであった。
塔頭のこともガイドさんは説明されていたが、昨年の京都検定受験時によく出ていたので、すんなりと頭に入り、これも勉強の賜物かと思う。

←妙心寺大通院・御廟

本堂での説明が終わり、ガイドボランティアさんについていって、山内一豊と千代の御廟へ。内部には夫妻の卵塔の墓石があり、肖像画「山内一豊画像」、「妻千代画像」も祀られている。


↑御廟・右が山内一豊の家紋「三ツ柏」、左が千代の家紋

ちなみに三菱財閥の創始者、岩崎弥太郎は、山内一豊が藩主となった土佐藩の出身であり、三菱の象徴であるスリーダイヤのマークは、山内家の家紋「三ツ柏」に由来しているとのこと。そう言われてみれば、似ているなと思う。


↑妙心寺大通院・境内のパネル


ガイドボランティアさんが、「大通院は、本堂と御廟ぐらいしかガイドするところがない」とおっしゃっていた。どうりで建物がほとんどなく、ガラーンとしている。実は大通院の客殿、書院、庭園は明治になって、平安神宮創建時に取り壊され、また、庭園の石などは平安神宮神苑造営に使われたとのこと。


↑2005年4月21日に訪れた上川隆也さんと仲間由紀恵さんのパネルとサイン

また、NHK大河ドラマ「功名が辻」で出演中の山内一豊役の上川隆也さんと千代役の仲間由紀恵さんが昨年4月21日にお参りされた際のパネルとサインが置かれていた。

←御廟に通じる

妙心寺大通院は通常拝観が行われず、今月18日までの特別公開。もし、その間に行かれるようなことがあれば、行かれることをおススメする。1週間しかないけれども。特に大河ドラマを毎週見ている方は、話を先取りできる部分もあると思う。

案内してくださったガイドボランティアさん、興味深い話を聞けて、ありがとうございました。



nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 8

コメント 10

まいけるさん

妙心寺。良い風景ですね。
しかし、公式HPの出来も素晴らしいです!。なんかお寺のHPじゃないみたい。
こういうところにもIT化の波が進んできているのでしょうか?。
一度訪れてみたいです。
by まいけるさん (2006-03-12 13:20) 

norinori

ichiro さまへ
nice!、どうもありがとうございます。

まいけるさん さまへ
コメント&nice!、どうもありがとうございます。
妙心寺の公式HP、スマートな感じがしますね。
京都のお寺の場合、HPが立派なのは、観光に来て欲しいという側面も
あると思いますよ。
大通院は期間限定ですが、その他のところは通年公開しているところも
ありますから、一度訪れてみて下さいね。
by norinori (2006-03-12 20:27) 

えちこ

大河ドラマは見ようと思いつつなかなか見る機会がないのですが
滋賀県へ道の駅で行った時も、豊臣秀吉のお城として長浜城があり
大河ドラマの後押しをしてましたよ。
私は坂本龍馬が好きだったので、土佐藩の幕末期に関しては記憶は
薄れてますが、知っていますけど、初期の頃はよく知らないので
これを機会にドラマでも見なければ、と思ってます。
千代紙が千代からきているのは驚きました〜。トリビア〜〜。
へぇへぇへぇ〜。
by えちこ (2006-03-13 01:38) 

妙心寺でしたか。。残念。。そう言えば先月NHK歴史番組で放送していましたよね。。ちゃんと見ていたのですが。。
by (2006-03-14 17:43) 

norinori

コメントレスが遅れまして、申し訳ないです。

aloeDog さまへ
nice!、どうもありがとうございます。

えちこ さまへ
コメント&nice!、どうもありがとうございます。
大河ドラマの撮影、滋賀県で行われているシーンもあるので、今回は
京都よりも滋賀の方が力を入れているのではないかと。
初期の土佐藩が取り上げられることは今まであまりないですから、
ちょうどいい機会ですね。
えちこさん、歴史ものに造詣が深いようですね。
千代紙のことは、トリビアでしょう。
話を聞いたとき、私も思わず、心の中でへぇボタン連発でしたよ。

mizusato さまへ
コメント&nice!、どうもありがとうございます。
惜しかったですね。大通院は、妙心寺の一塔頭ですから、地元の方ならともかく、一枚の写真でどこかを当てるのは難しいです。
NHKで歴史番組が放送されていたとは知らなかったです。できれば、見ておきたかったです。私も残念でした。
by norinori (2006-03-16 01:49) 

Jetstream31

「やまのうちかずとよ」と学校では習ったのですが、高知では「やまうち」と呼ぶのが一般的だって少し前の京都新聞に載ってました。
「かずとよ」も「かつとよ」が正しい読み方だって説もあるそうです。。。
by Jetstream31 (2006-03-18 13:08) 

norinori

Jetstream31 さまへ
コメント&nice!、どうもありがとうございます。
私も京都新聞の記事、見ましたよ。
地方によって、人の読み方が違うって不思議な感じがしますね。
by norinori (2006-03-19 17:29) 

barbie

「妙心寺」当たってましたね(^_^)b norinoriさんが前記事に書いてられましたが、夜は怖いです。今はどうか解りませんが、当時は日が暮れると真っ暗でした。
by barbie (2006-03-20 16:18) 

サファイヤ

家紋は風格がありますね。やはり、京都は落ち着いています。
スリーダイヤが「三ツ柏」に由来しているとは、知りませんでした。
確かに、似ています。
by サファイヤ (2006-03-21 19:09) 

norinori

barbie さまへ
コメント&nice!、どうもありがとうございます。
見事、正解でした。日が暮れると今はどうなのかは、私もわからないです。
でも、10余年前と状況は変わっていないと思いますよ。
一度、確かめてみるのもいいかも。

サァファイヤ さまへ
コメント&nice!、どうもありがとうございます。
どちらかと言えば、千代の家紋の方がかっこいいかなと思います。
スリーダイヤが「三ツ柏」に由来している正しき物と知ったので、余計に最近の
三菱グループのふがいなさ(不祥事多すぎ)には、がっくりきます。
by norinori (2006-03-21 23:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。