So-net無料ブログ作成

にわかカーリングファンになる【トリノオリンピック】 [その他(スポーツ・携帯・本など)]

 今回のトリノオリンピック、ゲームが行われる時間が夜中であまり見られないのだが。私はカーリングにはまってしまった。
この競技を全然知らなかった訳ではないのだが、私は当初、なんとなくの印象でなんともしんきくさいスポーツだと思っていたのだ。
それがふとBSでやっていたカーリング女子の日本戦を見ていると、魅了されてしまった。

冬季オリンピックの競技では、スピードや何分かの演技で決まってしまうのが多いが、このカーリングは技術ももちろんだが、戦術というのがプラスされる。頭を使うスポーツなのだ。
頭を使うのか…、戦術というのもいろいろあって、局面局面で考えながらゲームを進めていく。
忍耐力、洞察力、そして、相手チームとの駆け引きが要る。駆け引きが「氷上のチェス」と呼ばれる所以だが、とにかく奥が深い。
ストーンを思惑どおりの位置に止めたり、相手チームのストーンをはじきだしたり、思い通りの位置にストーンが止まったりするときのうれしさは、タイムの速さや演技の精度を競う競技とは違う魅力がある。

予選リーグ第3戦のノルウェー戦から見始めたのだが、ほぼ毎日見ていると、ルールもわかってきた。
見始めた頃は、日本チーム(「チーム青森」)は、負け続けていたが、カナダ戦からいいゲームを毎回して、私をしびれさせた。

また、テレビで長野オリンピックのときのカーリング競技委員長を務めた小林宏さんの解説がわかりやすくていい。どんな戦略をしてくるのか、教えてくれるし、小林さんが考えうる戦略とは違う戦術を日本の相手チームが取ってきたりすると、正直に意図はわからないと言いながらも解説してくれる。いいプレーには分け隔てなく賞賛するし、奥の深さを教えてもらった。そして、日本チームが勝ったときは小林さんはとても熱い。イタリア戦に勝った瞬間、何回も「よし」と言い(雄たけびだった)、冷静な解説のときとのギャップが面白かった。

また、今回から始まったという選手へのマイク装着もよかったと思う。ストーンを投げる前には作戦を練るのだが、マイクを通してどんな風に責めていくのかがわかる。ゲームが終わって、勝ったときに選手がカメラに向かって喜びを表す言葉を言うのは、他のスポーツでは多分見たことがない。でも、自然な言葉が出てくるのでとてもいいのではないかと思った。ただ、これだとインタビューの必要はないかもしれないけど。

予選リーグ最終戦のスイス戦で負けて、惜しくも準決勝へ進むことができなかったが、次へ向けて大きな大きな前進だったと思う。
毎試合、BSで生中継してくれていたNHKがスイス戦ではやってくれなかったのが残念。最後にやってくれるよ、NHKさんよ。でも、最後の試合を除き、LIVEで見られたのはNHKのおかげ。そういった意味では、NHKは大金星だった。

とにかく選手の皆さん、お疲れさまでした。今はゆっくり休んで下さい。
カーリングの魅力は、日本国民に十分伝わりましたよ。
私のほかにも、日本中に「にわかカーリングファン」が増えたのは、まちがいないだろう。

カーリング女子、心に輝く“金メダル”(YAHOO!JAPAN トリノオリンピック特集より)
http://torino.yahoo.co.jp/voice/column/at00008022.html

1次リーグ敗退も世界を相手に大健闘
カーリング女子インタビュー(1/2)  <スポーツナビより>http://sportsnavi.yahoo.co.jp/special/torino/comment/200602/at00008039.html

1次リーグ敗退も世界を相手に大健闘
カーリング女子インタビュー(2/2) <スポーツナビより>
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/special/torino/comment/200602/at00008040.html

BS-i 「超・人~virtuoso ~」
#25 チーム青森 氷上の微笑
http://www.jump.co.jp/bs-i/chojin/archive/025.html

トリノ五輪がもっと面白くなる 生島淳の「観る前に読め!」
第6回 「カーリングの小林さん」って知ってる? (YAHOO!JAPAN トリノオリンピック特集より)
http://torino.yahoo.co.jp/voice/serial/ikushima/at00008008.html

頭脳戦、フォーム固めから──
「氷上のチェス」カーリングに挑戦(1月27日)
<日経ネット(関西版)より>
http://www.nikkei.co.jp/kansai/leisure/31175-frame.html
 

 


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(4) 
共通テーマ:スポーツ

NCB(英会話学校)のことで怒り心頭〔裁判所からの郵便がきて〕 [自己向上(実行&計画)]

私が通っていた英会話学校のNCB突然閉校のことでは、みなさまにご心配と激励のコメント、情報を頂き、ありがたい気持ちでいっぱいです。
特にNCB受講生でないのに、有益な情報をして頂いたtaka_englandさん、同じく情報を提供して下さったNCB受講生のみいさん、とてもとてもありがとう。
また、当ブログへコメントを寄せて下さる常連さまの方々も、本当にとてもありがとう。

NCB倒産に関する過去記事
・私が通っていたNCBが突然閉校!!(2006年1月28日)

http://blog.so-net.ne.jp/norinori/2006-01-28

・NCB(英会話スクール)の突然閉校の続報(2006年1月29日)
http://blog.so-net.ne.jp/norinori/2006-01-29

記事を書いたその後だが、1月31日にNCB英会話教習所(日本エヌ・シービー株式会社)が東京地方裁判所へ破産の申し立てを行い、2月10日17時、同裁判所より破産手続開始決定を受けた。
それを受けて、昨日(13日)に会社から自宅へ戻ると、東京地方裁判所より破産手続開始通知書などの書類が郵便で届いていた。
早速、通知書やNCB小山社長名の倒産へ至るそれなりの詳しい経緯、代替レッスンの提供についてのお知らせを読んだ。
だが、どれもこれもが非常に納得しがたいものであった。
まず、破産手続開始通知書について。
財産状況報告集会が行われる日が書かれているのだが。
平成18年5月29日に行われるが、なんとその日の曜日は月曜日である。せめて、週末にして頂きたかったのだが。それも場所は、東京地方裁判所で行われる。開催場所についてはNCBの本社が東京だから、しょうがないとも言えるが、開催日については考慮して頂きたかったものである。
そして、NCB小山社長名の「弊社倒産のお詫びと経緯のご説明」の文書。これがまた、読んでいて嫌になってくる。
経緯としてはわからなくもないけれども、なんとなく言い訳がましく聞こえてくるのは、私だけだろうか。NCB受講生でこの文書を読んだ方も、そう思われたのではなかろうか(NCB受講生の方々で、できましたら、そのあたりのところをコメントして頂ければありがたいです)。
やはり、私としては財産状況報告集会でもいいので、小山社長には直接出てきて、肉声の謝罪と説明を聞きたい気持ちに変わりはないのだ。
業界団体加盟校による代替レッスンについてだが、まずNCBが加盟していた民間語学教育事業者協議会(民語協)と、全国外国語教育振興協会(全外協)の協力により、代替授業の受け入れがある。例えば、民語協の受入条件によると、未受講契約の月数ごとに受入期間が決まっている。私の場合、まだ行き始めのため、少なくとも11ヶ月の未受講期間があるのだが、民語協の条件に照らすと、未受講5ヶ月以上の場合は、一律6ヶ月しか受け入れてくれないのだ。これはかなり承服できかねる。私などは、まだ分割ローンだったからいいものの、一括で支払って、ほとんど行っていないNCB受講生の人たちはどうなるのか、全く考えていないとしか思えない。破産管財人もすんなり受け入れるなと言いたいところだ。全外協の受け入れ条件も某校を除けば、似たりよったりのところが多いと私は感じた。なかでも、ある某校は前払いのみ支払いしか受け付けないだと。ここのシステムがいいかもしれないと思っていたが、前払いのみの条件で、そこへ通うことは一気にふっとんでしまったとさ。
今回のことでは、なにもかもが全て決められたレールを滑っているだけにしか、私には思えてならなかった。通知書もお詫びも、そして代替レッスンも。受講生がせいぜい騒がないように、このあたりでケリをつけときましょうって感じがしてならない。
NCBの倒産を知ったときよりも、今、私は怒りに満ちている。
こうなったら、英会話は自己学習でほぼ決定だ。


関連サイト

NCB英会話教習所(日本エヌ・シービー株式会社)
http://www.ncbenglish.com/

民間語学教育事業者協議会(民語協)
http://www.ajla.org/index.html

社団法人全国外国語教育振興協会(全外協)
http://www.zengaikyo.jp/index.shtml

NCB倒産まとめサイト
http://www.geocities.jp/ncbmatome/

ラドインターナショナルカレッジ日本校(民語協加盟校)
http://www.lado.ne.jp/index.html

イングリッシュチャンネル(独自での救済)
http://www.english-ch.com/

※英会話スクール選びの下調べなら、ここがいいかも
英会話スクール研究所(失敗しないためのスクール情報)
http://nokko.dip.jp/


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

いつの間にか記念日たちが [blogのこと]

ソネブロβ版開設(2004年11月)初期から始めている方がどんどん開設1周年を迎えている中、私も1周年をいつの間にか迎えていた。ただ、ブログ開始日の他にも2つほどくっついてきているが。
私が「norinoriの思ったまんま日記」という題名で、ブログを始めたのが、

2005年1月4日。(ブログ開始記念日)


そして、私の不手際で「norinoriの思ったまんま日記」が消滅してしまったのが、

2005年2月1日。(ブログ消滅記念日)

さらに、現ブログである「norinoriの思ったまんま日記“2”」を始めたのが

2005年2月7日。(ブログ再開記念日)


というわけで、ブログの記念日が私には3つ存在する。
それぞれの記念日において記事中に書こうとしたが、いつの間にか過ぎてしまい、今まで何にも書けなかった。今頃書くのも、なんだかなんだけど…。
どれも大切な記念日たちだが、私は、2月1日のブログ消滅記念日を大事にしたいと思っている。誤って解約の手続きをしてしまったのが原因だったが、バックアップを全く取っていなかったまでに、みなさんがコメントして頂いたものまで全て消えてしまったのは、今でも申し訳ないと思っている。

「norinoriの思ったまんま日記」消去に関するお詫び(2005年2月7日)…

http://blog.so-net.ne.jp/norinori/2005-02-07

自分のブログを簡単にバックアップを取る方法(2005年2月8日)…

http://blog.so-net.ne.jp/norinori/2005-02-08-2


現在のブログ名に“2”を入れているのは、最初のブログからの継続性を自分の中で示すためにそうしている。そして、以前こんなことがあったんだと思いをのせて。再開以降から私のブログを読んで頂いている方にも過去にはこんなことがあったことを知ってもらいたくて、今回書かせて頂いた。

いつの間にか2年目を迎えた(苦笑)、

「norinoriの思ったまんま日記2」を

                 引き続き、よろしくお願いいたします。


nice!(11)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

おかげさまで(京都検定) [自己向上(実行&計画)]

なかなか更新頻度を上げられなくて申し訳ないです。不覚にもまた風邪を引いてしまい、現在はよくはなったものの、鼻水がしょっちゅう出てしまう今日この頃。ほんまに情けない。

今回は、2月上旬に結果が通知されていたものの、ご報告ができなかった京都検定(京都・観光文化検定試験)の結果について。

2月1日に自宅へと帰ると、ポストに京都検定を主催している京都商工会議所からの封筒が。

早速、封を開けて見る。そうしたら、でっかいプレゼントが。

続きを読む


nice!(13)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

末永くお幸せに。 [日記・雑記]

2月4日(土)、名古屋での結婚式の2次会に招待されたので、行ってきた。
夕方に京都から新幹線で名古屋駅へ到着。
バスで名古屋の繁華街である栄で行われるため、移動。
昨年7月には愛知万博(愛・地球博)、昨年11月には所用で名古屋へ行ったわけだが、その際には栄へは行ってなかったので、約3年半ぶりに栄の景色を見る。


それだけ行っていないと、以前にはなかったティファニーの専門店ができたり、デニーズができていたりと、栄も少し変わっている。当たり前であると言われれば、それまでだけれども。
そんな少しずつ変わっている栄の街を歩き、2次会の会場に到着。
ここで、結婚式の主役であるお2人と私の関係について。
今回、招待して頂いた新郎のTさん、新婦のEさんともに、私が名古屋で以前勤めていた会社の同僚。
お二人とも、私の人生におけるある種のターニングポイント的な方々(すごく回りどくてすみません)であり、結婚のお話を今年はじめに知ったときはそれはもう、びっくりしたけれども、それ以上にすごくうれしくてたまらなかった。
お祝いに行かなければと思い、「今年のうちにお祝いに伺います」と返事をしてからしばらく経った、1月中旬に2次会の招待を受け、こうして出席させて頂いた。
席に座ったところ、私以外には以前勤めていた会社関係者の出席者はどうやらいない様子。
開始時間になり、新郎のTさん、新婦のEさんが入場。
お二人とも4年以上は会っていなかったけれども、変わってないなぁというのが印象。
Tさんのご挨拶から始まり、下の写真のようにアルコールの飲み物(ごめんなさい)を滝のように流す。


そして、ピラミッド状に置いてあったグラスをもって、皆さんで乾杯。
歓談タイムのなかで、私の向かい側に座っていらっしゃったTさんの出身高校の同級生の2人としばし話をする。お2人の面白トークでなんとか緊張がほぐれてきた(最初は、なぜかガチガチだったのだ)。ビールを飲みつつ、ほろ酔いな気分になってきたところで、TさんとEさんの3択エピソードクイズが始まる。全問正解者には、牛の花子さんの牛肉プレゼント。私は、2問目であえなく撃沈。
そして、次は各々の名前を書いた紙をヒコーキにして、Eさんが持っているブーケの中に飛ばす儀式(ゲーム?)。みんながEさんの持っているブーケに向かって、紙ヒコーキを飛ばした。そうすると、そのうちの一つがEさんの目に直撃。一斉に紙ヒコーキが飛んでくるので、Eさんはよけ切れなかった。相当痛そうにされていたが、なんとか大丈夫そうで、よかった。
その次は「全員集合」ゲームというのをする。これは、出席者の名札カードにあらかじめ書かれた「いかりや長介」、「加藤茶」、「志村けん」、「高木ブー」、「仲本工事」のドリフターズの組み合わせで集まったら、「大入り」袋をプレゼントされ、そのなかには「東京ディズニーランド・ディズニーシー」のペアチケットを1名だけあるゲーム。このゲームを始めると私も含め、皆さん大移動。私は、またもダメ。そうしたら、大入り袋がもう3枚あるということで、今度は同じ名前同士、例えば「志村けん」の人が3人集まれば、もらえる。結果は、「いかりや長介」さんグループに。
大入り袋の中に入っている紙を1人ずつ開けて、司会の方が内容を読み上げるのだが、プレゼントだけではない。レイザーラモンHGのものまね、「世界の中心で愛をさけぶ」のパロディで愛している人に向かって絶叫というものがあった。もちろんプレゼントもあり、非常時の非常持出袋、毛蟹などがあった。どんどんプレゼント(課題?)が発表されて、最後の2人というところでまだペアチケットは出ていなかった。最後は、2人同時に封を開けると、1人は見事にペアチケットプレゼント、もう1人はTさんとEさんの将来の子どもが20歳になるまでお年玉をあげる義務だった。

←毛蟹のプレゼント

そんなこんなで楽しませて頂きながら、あっという間に2次会も終わりに近づき、Eさんの終わりの言葉、そしてサプライズプレゼントとして、TさんからEさんへの手紙の朗読。
手紙の内容は、とても感動を覚えるものがあり、ジーンと来るものであった。本当に、2人には幸せになって欲しいと強く強く思ったのである。
2次会も終わり、3次会へ。私が座ったテーブルには、インド、佐賀、鳥取、東京、横浜などの遠いところから出席された方ばかりで、インドのことや東西におけるエスカレータの人の立つ位置、バイクの話(今のところ、バイクの免許としては原付だけだが、やはり私はバイクに乗る運命なのだろうかと改めて思ってみたり)、関西のことなど、いろいろと会話をして、本当に楽しかった。私は全員初対面の方ばかりだったが、最後の方は、とてもそんな風には思えなかった。そんな楽しくお話をしている最中に私は4日中に京都へ帰らなければならず、新幹線の最終が迫っていたので、かなり後ろ髪をひかれる思いで、途中で失礼させて頂いた。皆さん、すみませんでした。
栄からタクシーで無理をお願いし、名古屋駅までとばしてもらう。なんとか、最終の「のぞみ」に乗って、京都へ帰ることができたのだった。

←間に合いました


とても慌しく失礼させて頂いたが、今回招待して下さいましたTさん、Eさんには本当に感謝申し上げます。


末永くお幸せに!!

 


出席されたみなさまへ

続きを読む


nice!(8)  コメント(18)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。