So-net無料ブログ作成
検索選択

桜開花してるのに [日記・雑記]

携帯より)

座っているのがとにかくつらい、つらい、つらい。
この間から突然腰痛になった。
以前、椎間板ヘルニアになったことがあり、また同じところが痛む。
痛くて仕方がないので、整形外科に行ったところ、ヘルニアではなかったが、心配だ。
なんでなんで今、急に痛くなるんやねん!
今、そういう気持ちでいっぱいだ。
とはいえ、大事に腰をいたわるしかない。
寝るのがいいとよく言われるが、私の場合、経験上ある程度歩かないと余計悪くなるので、散歩がいいかと。
とにかく腰痛よ、早く治れ!


nice!(8)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

梅田にて [鉄道(主に阪急)のこと]

                   
    京都市美術館で開催の大エルミタージュ美術館展の絵画(レプリカ)と
            「さくら」マークをつけた普通河原町行きの阪急5300系(阪急梅田駅)

今日は、用事で大阪梅田へ行ってきました。
阪急で行こうと思っていたのですが、時間がなく、結局JRで。
お昼に京都からは新快速に乗るが、これがまた混雑。
仕方がない。

用事(内容はおいおいお話できるかと思ったり、思わなかったり)を済ませた後、たまたま三宮へ行っていたまさとし3055さんと梅田で待ち合わせて、急遽オフ会へ(といっても2人だけですけどね)。
いろいろお話しましたが、時間が短く感じ、あっという間に時間が経ってしまいました。

まさとし3055さん、いつもありがとう。

まさとし3055さんと別れた後、私は阪急の特急(9300系)に乗る。
阪急京都線が3月17日(土)にダイヤ改正が行われた後、初めて乗ったのですが、淡路に特急が止まるのはすごく違和感ありあり。
すぐ慣れるんでしょうが。

それにしても、隣に座っていた女性なのかはわからないんですが、香水の匂いがずっとしていたのはどうかと。
もうちょっと他人に不快を与えない程度にして欲しいものですね。

関連記事
・阪急京都線2007年3月ダイヤ改正についての雑感(2006年12月17日)


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トンネル=スランプ? [日記・雑記]

今日の嵐電駅名変更途中下車シリーズは、お休みさせて頂きます。



通勤に使う地下鉄。地下鉄ではあるが、下車駅の手前で地上にあがる。

明かりを車内の蛍光灯に頼るしかない状態から、トンネルから出て、パッと全体が明るくなる瞬間が私は好きである。

明るさを浴びた後、気分が新たになるような気がして、自分自身が明るくなるように思うのか、そう思うようにしているのか…。

また、遠ざかっていくトンネルの出入口を見ていると、暗闇がスランプで、地上がスランプを脱したところだと例えて見ると、長いスランプから脱したような気がしてくる。

今日、地下鉄の最後尾に乗って流れていく景色を見て、ふとそう思った。今の自分に重ね合わせてみて。


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

嵐電駅名変更途中下車(2) 太秦広隆寺(旧 太秦)  [鉄道(京阪・嵐電・叡電)のこと]


↑広隆寺横の路面区間を走る嵐電モボ622型

嵐電(京福嵐山線)駅名変更途中下車の第2回は、嵐山本線の太秦広隆寺駅(旧 太秦駅)である。
駅ナンバリングは、A8。


↑「太秦」時代の駅名標(3月11日撮影)


↑新駅名標の上に暫定的に「太秦」を貼り付けた状態(3月17日撮影)


↑太秦広隆寺の駅名標(3月21日撮影)

続きを読む


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

嵐電駅名変更途中下車(1) 嵐電嵯峨(旧 嵯峨駅前) [鉄道(京阪・嵐電・叡電)のこと]


↑嵐電嵯峨の駅名標


↑嵐電嵯峨駅



↑「嵯峨駅前」時代の駅名標


↑「嵯峨駅前」時代にあったホーム路面に設置されていた駅名標
(2006年11月撮影、駅名変更直前には既に撤去されていた)

既に以前の記事でご紹介したとおり、3月19日(月)から京都唯一の路面電車である嵐電(京福嵐山線)が全20駅中、7駅の駅名改称を行った。
また、同日より駅ナンバリングが導入され、京都では2例目となる(1例目は京都市営地下鉄)。

そこで、シリーズものとして今回駅名変更を行った駅を1駅ずつ紹介していくこととする。

1回目は、嵐山本線の嵐電嵯峨駅(旧 嵯峨駅前駅)を取り上げる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

たかがメール、されどメール。 [日記・雑記]

仕事でもプライベートでもメールって、言葉の裏に隠されている細かい意味が
伝わらないことがあって、たまにズレが出てしまうことがある。

今日は、まさにそうだった。
ニュアンスの違いというのか。送信者の意図することと受信者が受け止めた
ことの違いというのか。
ブログをやっていて、記事を書いたり、コメントを書いたりしているので、
文字を交わすメールにおいて、言葉を選ぶことには慣れていると
思っていたが、そんなのは大間違いだった。
馬鹿だけど、自分が甘かった。自惚れだった。

今できることは、この過ちをしっかり受け止めて、次に生かして行くしかない。
nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

嵐電 7駅の駅名変更記念グッズ [鉄道(京阪・嵐電・叡電)のこと]

本日19日より嵐電(京福嵐山線)7駅の駅名が変更された。
だが、私は仕事のため、駅名変更後の様子を見に行けていない。
いつ、行けるのやら…。

そのかわりと言ってはなんだが、駅名変更記念グッズを先週の17日土曜日に
手に入れることができた。



左:レトロ車両オリジナル嵐電ストラップ( 駅名記念限定仕様 )
中:121形車両(廃車)オリジナル嵐電ストラップ( 駅名記念限定仕様 )
右:保存乗車券 Aセット(旧駅名の硬券20枚+車内放送CD)


最初に目をつけたのは、なんといっても「保存乗車券 Aセット」(4,000円)。
旧駅名の硬券20枚と車内放送CDがセットになっている。
私の場合、硬券よりも車内放送CDが欲しかったのだけど。
それでも、今まで慣れ親しんだ駅名が変わるのだし、硬券も記念だ。
ついでにストラップも欲しくなり、衝動買い。それも2個。
鉄道関係のストラップばかりが増えているような気がする…。
そんなに買ってどうするんだ状態。

それにしても嵐山駅で購入したのだが、発売開始時間までの間、
待っているだけでも、吹きざらしのため、めちゃめちゃ寒い。
どうなっているんだ、この気候は。2月よりも今の方がよっぽど冬らしい。
冬の帳尻あわせなのか。いつまで続くこの寒さ…。
それでも4月まで半月を切っているんだけどな。

年代わりの1週間を振り返って [日記・雑記]

この1週間、勝手に思い込んで、勝手に落ち込んで、勝手に怒っていた。

そして、自分は「1人相撲」を取っていたことにハッと気づく。
実際そうだった。
これはダメだ。そして、自分の中で悪い方へと思ってしまっていた。
悪い方へと思えば、いくらでも気持ちがよくなくなるのをわかっているのに。
でも、「1人相撲」を取っていることに気がつくと、もっと気楽に思えば
いいことかと言うことがよくわかってきたし、体感した。

もう自分のなかでは、恐い者なしな気分になってきた。
パワーが私の中にみなぎってきたぞ。



はい、つぶやきおしまい

コメントレスが遅く、皆さまへの訪問が滞っていて、本当に申し訳ないです。
もう少し、自分の生活を改善して時間を作るようにしていく所存です。


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みそいちに思うこと [日記・雑記]

早いもので三十路に突入してはや一年。
今日でみそいち(31歳)になりました。

続きを読む


nice!(12)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都唯一の路面電車である嵐電、7駅の駅名変更迫る [鉄道(京阪・嵐電・叡電)のこと]



3月19日(月)から京都唯一の路面電車である嵐電(京福嵐山線)の7駅の駅名が変更することになっている。
嵐電は、全20駅。そのうちの3分の1強の駅名が一挙変更ということになる。

駅名が変更するのは以下の通り。
現在の駅名    変更後の駅名 
三条口    → 西大路三条
太秦      → 太秦広隆寺
車折          → 車折神社
嵯峨駅前    → 嵐電嵯峨
高雄口       → 宇多野
御室          → 御室仁和寺
竜安寺道    → 龍安寺

・嵐電の駅名が変わります(京福電気鉄道のお知らせより)
・駅名変更イベント開催(京福電気鉄道のお知らせより)

昨秋にこのことを知ったのであるが、嵐電の意気込みをヒシヒシと感じた訳である。
嵐電を取り巻く環境は段々と厳しくなってきているのが実状だ。
一部並行するJR嵯峨野線(山陰本線)の電化、JR太秦駅、円町駅の開業、さらなる車社会化と地元客の利用は段々と減少している。そして、今後JR嵯峨野線の複線化、地下鉄東西線の天神川延長と予定されており、今以上に厳しい経営環境になるであろう。
ただ、観光客には京都を走る唯一の路面電車で人気があり、沿線にはお寺や神社、観光スポットも数多い。
そこで駅名をより観光客にわかりやすいものとし、さらなる観光客の利用増加を促そうとしているのであろう。
というのが私が思ったところではあるが、個人的には嵐電は子どものときから乗り親しんだ電車でもあるので、駅名が変わるのは時代の流れであると同時に寂しさも感じるところである。
ということで、駅名が変更となる駅を訪ねる連載を今後していこうと思います。



今回の記事で300記事となりました。これから一つ一つ記事を積み重ねていこうと思います。


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。