So-net無料ブログ作成
むかしの出来事 ブログトップ

料理人の印象 [むかしの出来事]

前記事の「京都人疑惑」で皆さんのコメントを読んでいると、ある思いが
よぎってきた。

それは、「料理人は、あんまり好きでない。むしろ、キライな方に近い。」と
いうことである。

また、大学生の頃の居酒屋のバイト時代の頃の話になるのだが。
「京都人と違うやろ」を私に言ったA料理長。

Aさんは、料理長ということをある意味最大限に生かし、とにかくわがままだし、
理不尽だとしか思えないことをしていた。
多分、料理人に対する印象をかなり決定づけてしまったと思う。

部下である料理人に対して、ミスにつけ込んで、暴力的な言葉を使う。
そんなことはしょっちゅうだった。
「愛のムチ」という言葉があるが、そんなのは全く当てはまらず、
当てつけにいじめているようにしか思えなかった。

そして、A料理長の前の料理長だったBさんも違った意味できつかった。
B料理長は強権的なA料理長と違い、穏やかなのだが、指示をしないのである。

「あなた、本当に料理長?」とバイトである私が言いたくなるぐらいだった。
それぐらい何にもしないのである。
そんなことが会社側もわかったのだろうが、B料理長からA料理長に
代わったのだが、A料理長の印象は冒頭の通りである。

当時、確かテレビで「料理の鉄人」という人気番組があった。
和食、中華料理、フランス料理の3人の鉄人がいて、その3人の鉄人に
ある料理人が挑戦するという番組である。(間違っていたら、指摘して下さい)
私は、どうしてもこの番組を好きにはなれなかった。
この番組は、なんてたって料理人が主役である。
でも、私の料理人に対する印象は、もう最悪なものに近い。
ブラウン管に映る輝かしいばかりの料理裁きよりもその裏に見え隠れする
ものを勝手に想像してしまうのである。

今でも料理人に対して、ある種屈折した印象を持っている。
本当は、とても私にはできないような料理を創ったり、考えたりしているのに。
でも、あのバイトで持った印象を簡単に消すことはできないでいる。


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京都人疑惑 [むかしの出来事]

これは、大学生の頃、居酒屋の調理補助のバイトをしていた頃の話である。
居酒屋の料理長との会話のなかで、こんなことがあった。
私がどこから来たのかということだった。
ついでに書くと、私は当時東海地方の大学に通っていた。

料理長「どこの出身?」

norinori「京都です」

料理長「京都のどこや?」

norinori「京都の嵐山の方です」(当時、実家は右京区だったので)

とここまでは普通の会話。

しかし、ここから料理作りを職業とする人ならではの質問が来た。

料理長「嵐山にある吉兆は知っとるか」

norinori「知りません」

他にも嵐山にある料亭(料理屋)を知っているか、いくつか聞いてきたが(正直言って名称は全然覚えていない)、全て知りませんと答えた。
そしてしまいには、料理長にこう言われた。

料理長「おまえ、京都人と違うやろ」

norinori「いや、京都人です」

料理長からしたら、そう思われるのも今になって思えば、そう思われるのかも
しれない。
しかし、いくら有名なところであったとしても、その何ヶ月前まで未成年だった私はそんな高貴なところへ行くわけでもないから、知らないものは知らない。

でも、「京都人と違うやろ」と言われたあの一言は、重く受け止めたことは今でも変わらない。
言った本人は、多分忘れていると思うが…。

とかなんとか言いながら、今でも嵐山にある料亭を全て知っているかと聞かれたら、「わかりません」状態なのだが。

ダメじゃないか自分。
そして、また誰かに「京都人と違うやろ」と言われそうである。

そういうことを言われないようにするための一つの手段だと勝手に思っている
京都検定2級受験(3級は昨年なんとか合格)。

そして、今年の京都検定まであと4ヶ月足らず。
そろそろやっておいた方がいいなぁ。


nice!(7)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ファイト [むかしの出来事]

中学2年生の頃の話。

いつも部活動中に校内でランニングをしていると、

「norinoriくん、ファイト!!」と言ってくれる同じクラスの女の子がいた。

当時、彼女は陸上部で、私はバドミントン部。

なぜかわからないけど、すれ違うといつも彼女は私に声をかけてくれていた。

合唱コンクールに向けての集まりで一緒に話す機会もあったが、他の人には

そんなことはしていなかったと思う(自分の思い過ごしかもしれないが)。

単純なので、声をかけられると嬉しくて「よーし、頑張るぞ」と思って、

速く走るようになった。

そんな彼女にほのかな恋心を抱くようになったが、3年生になって違うクラスに

なり、疎遠になったこともあって、そのまま言えずに中学を卒業してしまった。

しかし、 「norinoriくん、ファイト!!」という彼女の響きは今でも自分の心に

焼き付いている。

 

※「norinoriくん、ファイト!!」の「norinoriくん」のところは実際の名字で言われて

ました。


nice!(6)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

あいさつの「あや」 [むかしの出来事]

今の派遣先で働いて、1年ちょっと。

ここは、以前の記事(『目上の人に「ご苦労様」ってどうよ』)でも書いたように

あいさつのときに相手が社長だろうが、「ご苦労様」と言う。

いまだに違和感ありありなので、おそらくずっと慣れないままだろう。

ねぎらいの意味で、「ご苦労さん」と声をかける言葉としてはいいが、

社内での定型あいさつとしては、どうかなと思い続けている。

そんなことを思っていると、私が社会人として初めて働いた会社にいたときの

ことを思い出した。


そこの会社は、オーナー=社長だったので、社長の言うことはけっこう絶大な

ものがあった。

ある日、社長よりいきなり号令が下った。

朝から「お疲れ様」とはなんだ。

社員同士で声をかけるときは、

朝は「おはようございます」、

昼は「こんにちは」、夜は「こんばんは」と言えと。

社長の指示は絶対的なので、社員たちは少々とまどいながらも

「こんにちは」「こんばんは」と言う。

そんな中、私はある失敗をしてしまった。

当時、名古屋で勤めていた私は、とある夕方、本社へ電話をかける用事が

あったので、かける。

すると、同期の子が電話に出た。

開口一番、「こんばんは」と普通に言うつもりが、

こんばんはーと思いっきり京都弁なまりになってしまった。

これには、同期の子が大爆笑。

多分、気が許したのだろう。

でも、そんなことがあってから、いつの間にか元に戻ったが。


あいさつ一つで悩むのは、ある意味余裕があるのかもしれない。

とはいえ、こんな自分って神経質なのかな。

 


nice!(6)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

2日連続の… [むかしの出来事]

みなさん、お久しぶりです。so-net  blogの度重なる障害&メンテナンスにはホトホトまいりました。

レスが非常に遅くなり、大変申し訳ありませんでした。

どうしても平日は夜遅くにしか更新できないので(言い訳がましくなりました)。現在もページが時折表示されなかったり、コメントがうまく登録できなかったりで大変です。

さて、今回の記事はホントは七夕(7月7日)に書きたかったのですが、今頃になりました。


私の七夕はこの思い出を避けては通れない。

あれは大学からの帰り、カブに乗って下宿先へ戻る途中のこと。

国道から簡易なインターチェンジ風のところで一般道へ降りると、赤い点滅信号がある。

車は横からは来ていなかったが、一旦停止し、左右確認してから進んでいくと某県警の白バイが目に入った。これはゆっくり進まなければ(なんせいつもは飛ばしちゃうから)と思っていたら、白バイが動き出し、自分へ近づいてきた。

白バイ氏「はーい、こっちへ」

わー、嫌な予感。でもどんな悪いことしたのか。そのときは気づかなかった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感

職員室にて [むかしの出来事]

中学3年の新学期が始まって間もない頃。

英語の町山先生(仮名)に用事があるため、職員室に入った。

職員室に入って、先生の机の前まではいけない形だったので、入り口で先生を呼び出す。

「町山先生、いらっしゃいますか」と言っても出てきてくれない。

おかしいなと思って、一回目よりも大きな声で

「町山先生、いらっしゃいますか」と呼ぶ。

さらにもう一回、

「町山先生、いらっしゃいますか」と言った。

いくら呼んでも出てこないので、一旦職員室から出た。

廊下を歩き始めようとしたら、ハッと思った。しまった。

続きを読む


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

関係ないやん [むかしの出来事]

kyaoさんの記事を読んでいるなかで、いろいろと思うところがあったので、今回はその話を。

昔、私は身障者のことを「健常者に比べて大変なんだから、親切にしてあげなければならない人」と思っていた。ある出来事までは。

続きを読む


nice!(4)  コメント(13)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
むかしの出来事 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。